Grade D

グレードD受験資格について
グレード9、グレード10の両方に合格していること

撮影時の注意

  1. ※課題 A・B・Cは上半身と楽器全体が入るように撮影してください。
  2. ※スマートフォンで撮影される場合、横画面で撮影してください(縦画面での動画は不可)

※グレードDの楽譜は申し込み完了後にメール(PDF形式)または郵送されます。

課題 A

※以下はすべて必須
※(1)(2)は同じ調を選択

(1)カール・フレッシュ / スケールシステム

  • No.5 ♯♭4つ以上の長調 または短調から1つの調を選択

(2)カール・フレッシュ / スケールシステム

  • No.6-10:3度、6度、8度、フィンガードオクターブ、10度

【ボウイング指定】

  • ハ長調に準ずる

【テンポ指定】

  • (1)♩=120以下
  • (2)♪=80以下

【リズム指定】

  • ハ長調に準ずる

【その他】

  • (2)No.6-9:4小節間上行形のみ。No.10は全て弾く。

※譜例なし

課題 B

セヴシック / バイオリン技巧教本 Op.1 パート1より

  • No.1の37-39小節

【ボウイング指定】

  • 自由

【テンポ指定】

  • ♩=180

【その他】

  • 各4回繰り返して弾く
  • 全ての小節を連続して弾く必要はない

GD-B.jpg

課題 C

以下より1曲を選択

パガニーニ / 24のカプリスより

  1. No.2
  2. No.12
  3. No.16

【ボウイング指定】

  • 自由

【テンポ指定】

  • 自由

※譜例なし

検定料

  • 20,000円

※推奨曲(学習曲の目安)

  • シベリウス / バイオリン協奏曲
  • メンデルスゾーン / バイオリン協奏曲
  • チャイコフスキー / バイオリン協奏曲